開業をサポートする業者とタッグを組むメリット

遺産相続の時に

保険金を使った相続税の節税

保険による相続税の節税方法はいろいろありますが、その一つが保険料の贈与です。相続人となる子に保険料となる金額を贈与します。贈与した場合には贈与税が発生してしまうので、贈与する金額は基礎控除以下になるようにします。こうすれば贈与税は発生しません。また、本来の目的であった相続税も、贈与により遺産が減ることで節税することができます。 基礎控除額以下に贈与を抑えていれば、申告する必要もないためややこしい手続きがありません。意外と簡単な相続税の節税方法なのです。 ただし、他の財産を贈与した場合は注意して下さい。贈与税はその度に計算されるわけではなく、1年間に行われた贈与を合算して計算します。保険料のみなら基礎控除額以下でも、他の贈与財産も合わせると超えてしまうなんてことにならないようにして下さい。

相続税はほとんど課税されなかった

日本国民として税金は納付しなければなりません。しかし、相続税については納付する必要がないというケースがとても多く見られました。 例えば、数年前の相続税の課税割合は約4%となっています。これはつまり、相続が100件あっても4件しか相続税が課されないということです。恐らく、この4件というのは資産家の方々が入ってくるのでしょう。そう考えると、相続税というのは、多くの人にとってまず課されない税金であると言えます。 しかし、これは過去のデータです。ニュースでよく取り上げられているので、知っている方も多いかもしれませんが、平成27年になって相続税の大改正が行われました。これにより、課税割合がアップすることは間違いないでしょう。過去のデータはあまり参考にならないので、大丈夫だろうと油断しないようにして下さい。

Copyright© 2015 解決出来ない問題を相談!弁護士の大きな力ですっきり解決 All Rights Reserved.